自然と暮らすアウトドア

柿の収穫におすすめの高枝切りバサミと昔からある竹の柿もぎ竿について

高枝切り鋏

柿の収穫に必要なグッズについても触れておきましょう。

柿を収穫する先が割れたあの竹の長い棒は何という名前か?

先人の知恵とは素晴らしいもので、我が家で歴代使っていた超ロングサイズの竹製の柿取り棒(竹バサミ)は最強のアイテムでした。しかし、劣化してしまい本数が減っていきましたが、ついに最後の1本も壊れてしまったので、現在は高枝切り鋏を使用しています。

気になってなんと呼ぶのか調べてみたところ、地域によって呼び名が異なっていました。

例を挙げると、バッパサミ、はさみご、かっぱさみ、柿収穫竿、柿もぎ竿、柿もぎ用の竿、柿採り竿、柿もぎ竹竿と他にもたくさん出てきます。

竹の割れた部分に、柿の枝を下からすくうように入れて、手をクルリとねじることで、柿を簡単に取ることができます。

我が家では、はさみ具合を針金で調整して柿を収穫しやすくしていました。

改めて昔の人って素晴らしいと思います。

手動の高枝切りはさみ

前回ご紹介した、マキタの電動高枝切りハサミ 4610DWは、枝を切り落とすための物なので、枝をつかむには、ボタンを自分でいちいち調整するしかありませんが、大抵はパワーがあり過ぎて切り落としてしまうので、柿の収穫には使えません。

makitaマキタ電動高枝切りハサミ4610DW
マキタの充電式高枝切鋏4610DWは高品質な製品だった 電動高枝切りバサミ おっさん愛用の道具は20年以上前のモデルが多いですがマキタ(makita)の「充電式高枝切鋏4610DW」 こちら...

手動の高枝切はさみはこれまでに色々買って試してみましたが、一番使い勝手が良かったのがニシガキ工業 のびのび枝切り 3.3m のこぎり付 (無段階伸縮タイプ・万能タイプ) N-129です。

高い位置の果実を収穫する際に使う高枝切り鋏は、多少重くなっても、3.3mある伸縮タイプだと、短い状態でも伸ばしてもオールマイティーに対応できるので、おすすめです!

・無断階伸縮で最大3.3m
・径15mmまで切断可能で全体の強度もある
・採果物のつかみ構造付。これも安定していて使い易い
・のこぎりも付いてますがおっさんは使いません。太い枝は安全帯を着用の上で登って切る
・長さ調節時の出し入れと固定がワンタッチレバー式で安定感がある

ニシガキ工業 のびのび枝切り 3.3m のこぎり付 (無段階伸縮タイプ・万能タイプ) N-129高枝切り鋏
写真【のびのび枝切り3.3m】

ニシガキ工業 のびのび枝切り 3.3m のこぎり付 (無段階伸縮タイプ・万能タイプ) N-129高枝切り鋏
写真【 のびのび枝切り3.3m握り部ダイキャスト】

写真【 のびのび枝切り3.3mグリップ】
ニシガキ工業 のびのび枝切り 3.3m のこぎり付 (無段階伸縮タイプ・万能タイプ) N-129高枝切り鋏

ニシガキ工業 のびのび枝切り 3.3m のこぎり付 (無段階伸縮タイプ・万能タイプ) N-129高枝切り鋏
写真【無段伸縮固定部】

ニシガキ工業 のびのび枝切り 3.3m のこぎり付 (無段階伸縮タイプ・万能タイプ) N-129高枝切り鋏
写真【果実つかみ部】

エコボンベで柿渋の渋抜きにチャレンジ
渋柿を消費するべく焼酎やエアーダスターを使って渋柿の渋抜きに挑戦してみた話渋柿を消費するべく、焼酎やエアーダスターを使って渋柿の渋抜きに挑戦してみた話...